読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読める電子書籍のマンガがおもしろい!マンガ大好き主婦のネタバレブログ。

マンガ大好き主婦がスマホでこっそりじっくり読めちゃう作品を紹介しちゃいます♪

スポンサーリンク

ちいさいひと青葉児童相談所物語 漫画2巻ネタバレ|【再婚相手の父親から酷い虐待を受ける兄弟の話。】

f:id:tmgetoshi:20160817131700j:plain

 

 

 

マンガ大好き2児の母、ミポリンです♡

 

 

 

このブログはマンガを読む時に利用している電子コミックサイト、

 

 

 

 

まんが王国で読んだマンガの中から、

 

 

 


気に入ったものや感動したものなどのあらすじや感想などを書いています。

 

 

 

 

まんが王国でマンガを読む方法はコチラから☟

http://kirakiraosakana.hatenadiary.jp/

 

 

 

⇒まんが王国

 

 

 

 

今回は、最近読んでいる 

 

 

 

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語  という 

 

 

 

 

 

” 児童虐待 ” という現代の大変シビアな問題をテーマにしたマンガの2巻の紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 
この物語は、青葉児童相談所を舞台に新人の児童福祉司である相川健太

 

 

 


スタッフたちと現代の児童虐待問題に立ち向かう奮闘記がリアルに描かれています。

 

 

 


児童相談所とは、育児放棄や虐待から子供たちを守り、保護する機関です。

 

 

 

 

ここに寄せられる様々な児童虐待に関する問題が、

 

 

 

 

1話1話すべてにメッセージが込められているように感じます。

 

 

 

1巻のあらすじはコチラから☟

 

kirakiraosakana.hatenadiary.jp

 

 

 

 

⇒まんが王国
※「ちいさいひと」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

理想の父親になりたいがゆえに・・・

 

 

 

 

公園で手をつないでいる幼い2人の男の子。

 

 

 

 

名前は、かーくんとゆーくん です。

 

 

 

 

2人の姿は、

 

 

 

 

腫れ上がった顔に残るアザ、腕にはタバコの火を押し付けたような跡、手、足には無数の傷が・・・

 

 

 

 

特にひどいのが、かーくんの方です。

 

 

 

 

 

その異様な姿に気付いた近所のおばさんが、近くの保育園に連れていき保護されます。

 

 

 

 

そしてすその事がすぐに青葉児童相談所の相川のもとに連絡が入り、保育園に迎います。

 

 

 

 

ひどい傷を負っているかーくん3歳が、

 

 

 

 

 「パパ・・・よる帰ってきて、ぼくたたく」

 

 

 

 

と涙ながらに訴えます。

 

 

 



2人は相川が迎えに行くまで保育園で待っているはずでしたが、

 

 

 

 

先に事情聴取のためやってきた警察の姿を見て虐待をしてくる父親と顔を重ね合わせ、

逃げ出してしまいます。

 

 

 

 

 

” 親が見つけて連れもどしたらきっとまた虐待されるかもしれない・・・ ”

 

 

 

 


そんな不安がよぎりながらも、相川と児童相談所のスタッフたちは2人の兄弟を探しに街中を捜索します。

 

 

 

 

 

しかし時は遅く、案の定兄弟は家に戻ってしまいました。

 

 

 

 

 

家に戻るとそこには父親の姿が・・・

 

 

 

 

 

ストレスの捌け口は子供

 

 

 

 

 

この父親が虐待するになったのは、

 

 

 

 

” 理想の父親になりたかった ” 気持ちが強すぎたことが原因だったのです。

 

 

 

 

実はこの父親は母親の再婚者で、

 

 

 

 

母親は前の夫からDVを受けていて、それを助けたのが再婚相手だったのです。

 

 

 

 

なので、かーくんとゆーくんは違いの兄弟という事になります。

 

 

 

 

 

前の夫との子どもで、特に身体中の傷が多い方が、ーくんです。

 

 

 

 

 

自分が思い描く理想の父親になれず子供たちにその苛立ちをぶつけていたことでした。

 

 

 

 

いくら頑張ってもなかなか懐いてくれないかーくんへの苛立ちが

 

 

 

 

皮肉にも虐待へとつながっていったという事なのです。

 

 

 

 

 

それに加え、母親は前の夫から受けたDVがトラウマとなって、

 

 

 


子供たちに暴力を奮っている夫を見ていると、

 

 

 

 

 

「自分も暴力を奮われるかもしれない・・・」

 

 

 


という恐怖心にかられて体が動かなくなり、夫に逆らえない状態になるPTSDを抱えていました。

 

 

 

 

 

感想

 

 

 

 

この話を読んで感じたのは、

 

 

 

 

最初から誰も虐待をしたくてしている人はいなくて、

 

 

 

 

自分が思い描く親としてのイメージ、子育てに対する良いイメージが強ければ強いほど

 

 

 

 

そのギャップに悩み、苛立ち、そのストレスを未成熟の子供にぶつけてしまう。

 

 

 


人の心の弱い部分に児童虐待を引き起こす元凶があるのだと思いました。

 

 

 

 

詳しい物語の内容は、まんが王国で読んでみて下さい。☟

 

 

 

 

⇒まんが王国
※「ちいさいひと」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク