読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読める電子書籍のマンガがおもしろい!マンガ大好き主婦のネタバレブログ。

マンガ大好き主婦がスマホでこっそりじっくり読めちゃう作品を紹介しちゃいます♪

スポンサーリンク

無料サンプルあり!宇宙を駆けるよだかは、ただのラブコメではない深い内容です。

 

 

電子書籍サイトのまんが王国で読んだ、

 

 

 

 

宇宙を駆けるよだか

 

 

 

 

 

 

 

 

まんが王国では宇宙を駆けるよだかを購入前に、

 

 

 

 

無料で試し読みができます♪

 

 

 

 

 ⇒まんが王国の無料サンプルはコチラ

※「宇宙っを駆けるよだか」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 宇宙を駆けるよだかを読んだ感想。

 

 

 

 

 

川端志季さんの作品で、全3巻です。

 

 

 

表紙の綺麗さや、漫画タイトルに惹かれて読んでみました。

 

 

 

素直でかわいい高校1年生の小日向あゆみと、醜い容姿で性格も少々難ありな然子と、体が入れ替わるというお話です。

 

 

 


体が入れ替わるという話は、それなりに多くあると思うのですが、

 

 

 

よくある話で終わりません。

 

 

 

妙に生々しく、リアリティを感じます。

 

 

 

私は、容姿の美しさよりも、性格や内面の方が大事と親や先生に言われて育ってきました。

 

 

 

実際、私もその通りだと思っていたのでそこに大きな疑問は持っていなかったですが、

 

 

 

学生生活や就活、読んだ本(特に百田尚樹のモンスター)を通して、

 

 

 

そんな綺麗事は通用しないと思いました!

 

 

 

ぶっちゃけ美人のが得していることが多いです(面接通りやすい、男の子に声をかけられやすいなど)

 

 

 

 

また、性格も素直で明るい子が多いですよね。

 

 

 

 

美人で生まれているからこそ、周りの人に愛されて育ってきた所以だと思います。

 

 

 

 

かといって、ブスはブスで卑屈に生きていかなければならないのか?ということです。

 

 

 

 

やはり、自分は自分で、自分の容姿で生きていくしかなくて、自分を認めるしかないのだの思います。

 

 

 

 

だからこそ、容姿とか関係なく、自分は自分らしく生きていくのが、素敵なことではないのかと

 

 

 

 

ということをこのマンガから学んだような気がします。

 

 

 

 

なかなか内容が深いですが、読みやすいマンガなので読んでみてください!

 

 

 

 

 ⇒まんが王国

※「宇宙を駆けるよだか」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク