読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読める電子書籍のマンガがおもしろい!マンガ大好き主婦のネタバレブログ。

マンガ大好き主婦がスマホでこっそりじっくり読めちゃう作品を紹介しちゃいます♪

スポンサーリンク

青猫について・小原慎司 1巻3話ネタバレ|【マレーから帰ってきた”マレーの女豹、カラス登場!青猫絶体絶命!!】

 

こんにちわ!

 

 

 

 

スマホでまんがを読み漁る主婦、ミポリンです♡

 

 

 

 

まんがを読む時に利用している電子書籍サイトのコミなびで見つけた。

 

 

 

 

 

青猫について を紹介します♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物語は戦後の焼け野原となった東京に突然現れた、

 

 

 

 

火男(ひょっとこ)の入れ墨をしたヤクザを捜し、ヤクザを狙って日本刀1本で人斬りを続ける、

 

 

 

 

 

通称 ” 人斬り青猫 ” の物語が描かれています。

 

 

 

 

 

青猫の見た目は、セーラー服と2つのおさげが特徴の普通のカワイイ女の子。

 

 

 

 

 

でも、いざヤクザを目の前にすると日本刀を振り乱し、

一瞬で何人ものヤクザを切り刻んでしまうのです。

 

 

 

 

 

 

漫画「青猫について」はコミなびで購入前に無料で試し読みができるので、

 

 

 

 

 

是非読んでみてください!

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「青猫について」で検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

第3話 マレーからきたおんな

 

 

 

 

 

ノブちゃんは朝からバス停でバス待ちをしている人たちのタバコの吸い殻を拾い集めていました。

 

 

 

 

 

ノブちゃんは拾ったタバコをまき直して売ってお金を稼いでいたのです。

 

 

 

 

 

しかし、青猫が巻きたばこを売ろうとしていると地廻り(ヤクザ)に見つかって連れていかれます。

 

 

 

 

 

一方、マレーのジャングルから帰国した ” マレーの女豹 ” ことカラスにある依頼をしにきた、

 

 

 

 

 

実業家ヒヌマキョウヘイ。

 

 

 

 

マレーの女豹の部屋の中は、マレーのジャングルで仕留めた猛獣たちの剥製などであふれていて、

 

 

 

 

現地で自分を襲ってきて殺した男たちの話をしてきました。

 

 

 

 

彼女は男たちの死体をバラバラにして人喰いトラの通り道にばら撒き、

 

人喰いトラを仕留めます。

 

 

 

 

 

そして、ヒヌマの座っていた椅子には男たちの入れ墨が入った背中の皮を張っていたのです。

 

 

 

 

 

ヒヌマは実業家のため血生臭い仕事はしない、そして自分の商売に邪魔するものは消すのがヒヌマのやり方。

 

 

 

 

カラスにまず依頼したのはヤクザ同然の政治屋でした。

 

 

 

 

 

そしてそのヤクザの本拠地に乗り込んだカラスはジャングル生活で培ったライフル裁きで次々と組員たちを抹殺していきます。

 

 

 

 

 

大人だろうと、子供だとうと彼女は容赦はしません。

 

 

 

 

 

その様子をみていたヒヌマは、カラスに次の仕事として、

 

 

 

 

 

猫殺しを依頼したのです。

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「青猫について」で検索するとでてきます。

 

 

 

スポンサーリンク